スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禅と書と良心の人 山岡鉄舟 其壱

さてさて、私が大好きな幕末の偉人の一番には、やはり土方歳三さんが来るのですが、彼はなんというか、セクシーな男らしさに満ちた人物として、私の中では幕末セックスシンボル的なポジションにいます。

しかし、全く別の意味で大好きな幕末の偉人といえば、私にとってはこの山岡鉄舟氏が父親のような、兄のような一番のポジションに来るのです。

ところが、以外にこの山岡鉄舟氏はドラマやお話に沢山登場はしてくるものの、メインの主人公にはあまり来ない人物でもあります。しかし、幕末の中でもこんなに好漢と言える人もいないのではないでしょうか?

Wikipediaより
fc2blog_20150315151523d72.jpg

それにもかかわらず、彼の評価は今ひとつ華やかさに欠けるのが、ファンの私にとっては悔しいところです。

そんなわけで、まだ幕末の英傑の一人である、山岡鉄舟氏の素晴らしい生き様を、今回は私の拙い文にてご紹介していきたいことと存じます。

山岡鉄舟氏は天保7年6月10日、新暦の1836年7月23日に江戸本所に蔵奉行・木呂子村の知行主である小野朝右衛門高福の四男として生まれました。母親は常陸国鹿島神宮神職・塚原石見の二女である塚原磯です。

なんといってもこの人が偉人たること世に知らせしめるは、その堂々たる体格!幕末の日本人なんて、平均身長が150センチ前後と言われており、どこを行っても矮小な日本人でひしめいていたはずです。

それなのに、山岡鉄舟氏の身長は身長6尺2寸(188センチ)、体重28貫(105キロ)という破格の体格です。

いやぁ全く堂々たる体躯ですね。ちなみに現在私が住んでいる桑港でも、彼の体格は確実にフットボールプレイヤーのレベルです。全く素晴らしい。ああーー!抱きつきたい。

山岡鉄舟は幕臣として将軍に熱い信頼を置かれていた人物の一人としても知られています。

そして新選組の前身となった、幕府と清河八郎が旗振りとなり結成された、京都警護のための浪士組の幹部として、後の新選組となる近藤勇や土方歳三たちと京都に向けて上洛したことでも、新選組ファンの皆さんなら既にご存じのことでしょう。

この時のエピソードとして面白いものといえば、、あの芹沢鴨が近藤勇の手違いで宿が取れていない事に腹を立て、大暴れしてしまい、そのあまりのカオスぷりに、山岡鉄舟はもうお前らなんて知らない!一人で江戸に帰ってやる!とすねてしまったとかいないとか??? かわいい・・!!

そして何と言っても山岡鉄舟が素晴らしい点は、その堂々たる立派な体格だけや新選組と上洛したことだけではありません。山岡氏は、幕末の三舟として江戸無血開城を実現させた、時代の重要な功労者としても知られています。

そしてその働きぶりは西郷隆盛をもって、 「命もいらぬ、名もいらぬ、金もいらぬ、といったような始末に困る人ですが、但しあんな始末に困る人ならでは、お互いに腹を開けて、共に天下の大事を誓い合うわけには参りません。
本当に無我無私(むがむし)の忠胆(ちゅうたん)なる人とは、山岡さんの如(ごと)き人でしょう。」
とまで言わしめた人であります。

そして大変に驚くべき点は、この江戸無血開城を実現した時点で、山岡鉄舟氏は幕臣とは思えないほどの貧窮ぶりで、なんと剣客として名前が通っているのにもかかわらず、刀の一つも持てないほどの貧しさでした。

幕臣であるべき人が、何故にもこんなに経済的に困窮しているのか?答えは山岡鉄舟のその人となりにあります。

山岡氏は剣客として素晴らしいだけでなく、禅と書の人としても知られていました。彼の肉筆で書かれた書は100万枚を超えるとも言われています。そして描いてくれという人が訪れれば、訪れた人の誰にでも筆を動かしたといわれています。

そして彼が書を振る舞えば、謝礼金を依頼した人から当然受け取るわけですが、山岡氏はそのお金を机の引き出しに仕舞いこみ、貧しい人が訪れて助けを乞えば、惜しみなくそのお金をあげていたそうです。

こんな無欲で心のやさしい人であったからこそ、山岡氏は常に困窮していたようですね。

彼のこのような逸話は現代の私達にも言えることですよね。いつも傲慢で自分の利益を主張する人ほど私腹を肥やし、優しく親切な人ほど、人を助けていてもその無欲さからお金に困る。そんなことを今まで私も良く見聞きしてきました。

しかし、人に頼まれれば、たとえそれが損な仕事であっても、決して断らずに最後まで責任をもってやり遂げる彼の性格は、まさに現代の私達が忘れつつある、古き良き時代の日本人としての見本のような人といえることでしょう。

また山岡鉄舟氏は大変な酒豪であり、グルメな人としても知られています。まぁあの体格ですから、酒豪で無い方がおかしいというものです。そしてその飲みっぷりも大変に豪快で、一升なんて序の口だったとか??すごいな、それ!

ところで、埼玉の比企郡に国の有形文化財に指定されている、二葉という割烹旅館があります。この由緒正しき旅館には日本五大飯と呼び声高い、忠七飯という宿ご自慢のメニューがあります。そしてこの忠七飯は、禅の人と知られる山岡氏が、おい主人!調理にに禅を盛れ!と言ったことから出来上がったメニューだとか。

また、私達が日本人の朝ごはんの一品として欠かすことのできない、味付け海苔も、明治天皇の家臣として信頼されていた山岡鉄舟が手土産を相談された時に、知り合いの海苔屋さん相談して出来あがったものと言われています。

こんな数々の食べ物にまつわるエピソードも、禅と書の人と言われる、実に山岡鉄舟らしいお話でございます。

そして山岡鉄舟は禅の人と知られることは既にお伝えしましたが、晩年は悲しいことに、長年の飲酒で胃がんに苦しんだと言います。そしてその痛みを禅による瞑想で乗り切ったとも言われています。あの時代には、癌に関する治療など皆無に近かったはず。きっと肉体的にも精神的にも辛いことだったでしょう。

しかし、山岡鉄舟は痛いとも辛いともこぼさず、表情を変えることもなく、つねに温和な表情で日々を過ごしていたというから、やはり只者ではありません。私なんて、こんな辛い病気にかかったら、寝込んで毎日泣いてますね。ハイ。

やはり、偉人と呼ばれる人たちは、こういうところが全く私達のような凡人とは違っています。辛くとも絶対にも文句さえ言わず、顔にさえ出さずに品格を保ち、偉人として周りの者が不安になり動揺しないよう辛いことさえ伝えずに、リーダーとして、偉人としての品格を保たねばいけないのです。それが上に立つ人間の配慮であり、条件なのです。

あの徳川慶喜でさえ、晩年に身体がどんなに辛くとも、身なりをきちんとして、外に一歩出た瞬間から、背筋をピンと伸ばして歩いたと言われています。何故なら、彼のような人は、上に立つ者の帝王学を、子供時代から仕込まれていたはずですから。将軍として、だらし無い姿は見せられないのです。本当に、このあたりは私達には真似のできない点でございます。(ただこの人の場合は、お殿様らしくい下々の者は自分の使い捨ての駒ぐらいに考えてたフシもありますが。)

あれ?なんだか長いですね?というわけで、次回は山岡鉄舟氏の偉人としての凄さを更に書き綴りたいと存じます。

長々と、お付き合いいただき有難うございます!次回もよろしゅうに!!!

↓押すと、山岡鉄舟氏も泣いて喜ぶ?

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは♪

山岡鉄舟という名前は、知っていても、
詳しことは、全然存じ挙げずの状態でした。

で、詳しい説明、とてもおもしろく読ませて頂きました。
お写真から想像すると、本当の武士と言った、感じですね。
まさに、好漢ですよね。体格も凄いですね。
文武両道に秀でたお方だったのですね。
で、西郷さんと共に、江戸無血開城にも貢献したとは、
興味が湧いてきました。

そして、「双葉」のある、小川町は、2度位、訪れた事あるけど・・・・。
格式高いお店ですね。機会があったら、一度訪れてみたいです。

興味深いお話、ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

山岡鉄舟

こんにちは(日本時間)。

さすがリスペクトされているだけあって詳しいですね。初めて知ったこともあり、とても参考になりました。味付けのりのエピソードなど、雑学クイズのネタになりそうですね!

鉄舟さんというと「巨体」の話が出てきますが、188cmというと野球選手として巨人・ヤンキースで活躍した松井秀喜さんと同じ身長なんですね。しかし、松井さんは体重が95kgですから、鉄舟さんはさらにデカイということに・・・。ホントに江戸時代の人なのかと疑いたくなる体格です。

けど、ドラマなどではその辺りを考証した俳優さんが使われていない感じがありますね。まぁ、そんな体格の俳優さんがあまりいないというのもあるのでしょうが・・・。
しかし、その体格なら浪士組の大宮宿で芹沢鴨がゴネたときも、睨みが効いたと思うんだけど、「そんなコト言うならオレが帰る!」と言っちゃう所に鉄舟さんの性格の良さがあるのでしょうか。

鉄舟さんが主役の話というと、歌舞伎の「将軍江戸を去る」(真山青果・作)が思い浮かびます。天皇に会って釈明するとゴネる慶喜を鉄舟が説得して江戸を去らせる話です。
9代目市川中車(香川照之)の襲名披露でも取り上げられた演目です。慶喜は生前の團十郎でした・・・。ワタクシ、歌舞伎座まで観にいきました。
このお芝居、ご存知でしたらスミマセン。

Re: 山岡鉄舟

イッセー様

大変にためになるコメントを頂き、恐縮至極に存じます。

本当に、山岡鉄舟氏の体格は江戸時代の日本人とは思えないサイズですよね!現代の日本人の中でも際立つ大きさで、米国に来ても十分に大きいといえる体格ですものね!一体どうなればそこまで大きくなれたのか、本当に素晴らしい。

松井選手は桑港の日系ホテルの広いロビーで、一度だけ偶然にお見かけしたことがあります。大柄な方で、しかもゴジラのあだ名に負けることのない方でした。そして山岡鉄舟氏はあの松井選手より大きいとは!無敵です!素敵です!

ところで、私は歌舞伎の演目に山岡鉄舟氏と慶喜公を題材としたものがあるとは、全く存じておりませんでした。歌舞伎といえば、義経などの古典が題材ばかりなのかと思っておりましたので。
機会があれば見てみたいですねぇ!「将軍江戸を去る。」 歌舞伎は子供の頃おばあちゃんと一緒に見に行って以来、全く見に行っておりません。しかも、祖母と行った時は私はずっと眠っていたそうです。やはり子供にはムリだったよう!W

でも今ならきっと、その良さがわかるはず・・・!それにしても、歌舞伎の女形の役者さんの仕草や化粧は、女としてとても参考になりますね~~!!!目張りの取り方を真似して、いつも顔を詐欺のように別人にしていますW


というわけで、私の拙いブログへコメント頂き大変に有難うございました!

Re: こんばんは

梅さくら様 

二葉に訪れたことがあるとは、なんと素晴らしい!そうそう、あの割烹旅館はかなり格式が高いようで、私も一度は訪れてみたいとは考えているものの、少々気後れしております。

そのうち、もっと出世したらあの旅館に泊まり、私の敬愛する山岡鉄舟氏の肉筆を目にしてみたいものです。

本当に山岡鉄舟氏は、あの激動の幕末を乗り切るだけのことはあり、人格と人徳に溢れた武人であり、政治家であると私は考えております。

多くのあの時代の人が惨殺や暗殺の憂き目にあったものの、彼は一度もそのような話を未だに聞いたことがありません。
もしかするとそのような事も私が知らないだけで、存在した話なのかもしれませんが、やはり山岡鉄舟氏の人格がこの御方自信の徳により誰もこの人を殺めようとは思わなかったのだと想像しています。

日本行きの件、大変に有難うございます。恐縮でございます。これからも宜しくお願い申し上げます。
Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Link
当ブログはリンクフリー! ブログランキング参加ちう♪ ポチしてけろぉ にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村
Profile

琴乃 

Author:琴乃 

     
RSSリンクの表示
Display RSS link.
Search form
Friend request form

Want to be friends with this user.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。