スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの江戸の大歓楽街、吉原の展示が桑港のAsian art museum アジアン アート美術館で行われるらしい

さてさて、相変わらず放置気味の私のブログに来てくださった方、大変に有難うございます。

ところで、私が住む桑港には、豪華な市庁舎の前にとっても立派なアジアンアートミュージアムがあります。
http://www.asianart.org/

この美術館は、アジア系の人が多く住むこの町ならではの美術館であり、多くの東洋からやってきた美術品を収蔵して展示している場所です。
それでもって、今回この美術館の特別展示として、吉原の文化と美術品が紹介されるそうなのです。

fc2blog_20150227095254537.jpg
fc2blog_2015022709530927b.jpg

アジアンアートミュージーアム 桑港 ホームページより

もう既に展示は始まっており、私も行こうかなぁとは考えてはいます。でもちょっとだけ疑問なのが、吉原の文化と美術品が、ここではどの程度まで掘り下げられるのか??というところが引っかかるのです。

確かに吉原の文化は素晴らしいですが、そこには女性の悲哀もあり、様々な悲劇もあったわけですから。でも、ホームページ見てると、歓楽街のとしての側面しか見ていないような気がするしなぁ。

そもそも吉原の物品を展示するのなら、美術館というより、資料館という感じだとは思っているんですが。
でも、この美術館はそこまで予算が無いのか、常設展示に江戸時代の印籠とか展示していたり。気持ちはわかるんですけどねぇ。印籠は確かに美術品の側面もあるけれども、どちらかというと価値ある骨董品何じゃ・・・?とも思ったりするのは私だけ?

建物はゴージャスそのものなのですが、収蔵品が今ひとつ突き抜けていないのですよね。中には立派な仏像もあるようですが。でも、割りと自信過剰にコレこそアジア!と言い切ってしまうところはさすがに、プライドだけは高そうな桑港て感じなんですが。

しかも本物の日本人目の前にして、自信満々でこういうの展示するからなぁ この美術館!

まぁ過去にはあの中国の秦の時代の兵馬俑を展示していたりはするのですが。

んでもって、極めつけはこの吉原の展示が始まる前のオープニングパーティ 

fc2blog_201502270953006bf.jpg
ミドリというお名前の、日本人のハーフのSM女王様によるショー・・・・・ まぁいいんだけど 美術館だよね?

相変わらずだよ!この美術館!というわけで、15ドル払って行こうかいくまいか、大変に迷っております。行ったほうがいいと思う人、コメしてね!

それでは、私が過去にこの美術館で撮った写真でも見ながら、今回はお別れということで・・・・

fc2blog_2015022709515436c.jpg


アジアンアートミュージーアムの、サムソンホール 一昨年のアジアのホラー美術展の時に撮った写真です。
その昔は、ここはソニーホールだったとか。 時代の流れって!
そういえば、この時は松井冬子さんの日本画も展示されていました


fc2blog_20150227095223c41.jpg


中央階段後部

fc2blog_20150227095244374.jpg


なんか、人が入ってそうな彫刻は常設展示らしい

↓押すとなんかいいことあるかも!??えっ!ほんと?

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

幕末の志士を現代にシリーズ 幕末の志士をスマホアプリで判定してみる 

すんません・・・・しばらくブログ放置してました・・・なんか色々と面倒臭いことが湧いていたもので 汗 

そんな管理人のどーでも良い近況はさておき。

おそらくこのつっまんないブログを見に来ている良い子の皆は、歴史好きな人が殆どでございましょう。

そしてこの管理人同様に、もしも憧れの幕末の志士が今現代にいたら、一体どんな感じだったかとか、あん時はどうだったんだ、実際はどんな見た目だったりとか、ああだこうだと、あらぬ妄想を抱いていることと存じます。

私もその一人のございます。今実際に目の前に憧れの幕末の志士が居たら、昇天の極みにございます。

でもそんな事は実際ありえないのは当然ですので、管理人は現代の何かに置き換えて、もしあの人が現代のアレをつかたら、どんなことになるのだろうか???などということを試しています。

その一つがコレ

fc2blog_201502151330358cd.jpg



こちらは私が愛用しているiphoneのアプリでございまして、写真の被写体の年齢を推測してくれるアプでございます。
要するに、自分が写真では何歳くらいに写っているか?という感じに、被写体の人物の写真年齢を見ることが出来るものでございます。

えー お肌の曲がり角で、いろいろお肌の色々が気になる私には色々と面白いアプだったりします。

ということで、今回はこのアプを使って、幕末の憧れの志士の写真から、彼らの年齢は一体写真では幾つくらいに写っているか!??ということを真面目に遊んでみます 

まぁ、誰がそんなのワザワザ見たがるんだ?とうい声もあるかもしれませんが、そこはどうかお付き合いください!

さてそれでは!一番バッター(?)からイッてみましょうか!

栄えある一番目の方はこの方!

どーん! 日本の代表的英雄、坂本龍馬はんおすえ!(何故にエセ京都弁W)

fc2blog_201502141041582e3.jpg


さて!この幕末の英傑は、何歳と出るか!!!???

fc2blog_20150215133041457.jpg

結果は・・・!納得の30歳!

確かこの有名な写真が撮られたのが、坂本龍馬が31歳で暗殺される一年前の、慶応二年「1867年)と言われていますから、コレはかなりの精度ですね!意外とすごいよ?このアプリ?

今まで歴史上の人物でこのアプを試したことなかったんですが、意外な精度にドキがムネムネ!

それでは、この調子で次のかたイッてみましょう!次の方どうぞ~~!!!


2番目の方は!この方!

fc2blog_20150214104421c24.jpg

この方は、幕末の三舟としてお馴染み!
私が今住んでいる桑港にも、咸臨丸で遠路はるばるお越しいただいた、
勝安房守こと、勝海舟殿にございます!それにしてもこの写真、ずいぶん日焼けしている感じですね~~?
この写真は、桑港の写真館で撮影されたものだそうですが、やはり長い船旅で日焼け???

メリケンの友だちに見せたら、この人メキシコ人みたい!と突っ込まれました!

さて、そんな勝海舟先生の年齢はどんなでしょうか???

fc2blog_201502141044153af.jpg

結果はなんと!51歳!!! 

写真は肉眼で見ると若々しい印象ですが、意外とこの判定では老けていますね!??
確か勝海舟氏がこの写真を桑港で撮影した時期は、安政七年、1860年のはずですから、その時点で勝海舟氏は37歳であったはずです。確かにとても若いという年齢でもありませんが、51歳はちょっぴり老け過ぎなような気もします!

でも、咸臨丸での航海はまさに命がけだったから、それだけでゲッソリとトシを取りそうです。
写真は正直にその疲労を捉えたのでしょうか??


さて、それでは三番目の方!三番目の方は、以前このブログでもご紹介した、幕末のスーパーイケメン、渋沢平九郎氏にございます!

渋沢平九郎



やっぱ、いつ見てもイケメンですよね!本当に写真がコレ一枚なのが悔やまれます。
さて、そんな幕末のイケメン、渋沢平九郎さんの年齢はいかに・・・??




fc2blog_2015021111560458d.jpg

おお!??27歳と出ました。この渋沢平九郎氏の写真は、いつ撮影されたのか、彼の生涯があまりにも短く、資料が少ないために、私には皆目見当がつきません。

ただ、彼が幕末の戊辰戦争の際に振武隊に入り、飯能戦争で若い命を散らした時点で、彼はたった22歳という若さでした。このことを考えてみても、おそらくこの写真は彼が振武隊に入隊した前後の写真なのではないかと推測しています。

それを考えると、この判定は若干年上に判定しているわけです。でも確かに、そんな年若い年代に軍隊に入るなんて、ストレスで老けちゃいますよね。本当に昔の人は、現代の私達に比べると、格段に大人びていた気がします。

はぁ それにしても、なぜ美しい人はこうも早死なんだろか・・・・ああ 私も後もう少ししたら死んじゃうのね だって、わたしってば、こんなにも美しいじゃない・・・・・とか一人でホザイテイヤガレコノヤロー。


とまぁ、私のくっだら無い独り言はさておいて、次の人行きましょう!次!W


さて次のお方は・・・!管理人も大好き!新選組のこの方です!

fc2blog_20150214104517d35.jpg



近藤さーん!!! オットコ前!私は、かなり痛い土方歳三ファンですが、近藤さんも大好きです。◯リラとかイッちゃう人もいますが、確かにそのくらい精悍でいい面構えですってば!近藤さん!

この写真は、近藤さんが鳥羽伏見の戦いの前に、伏見街道で御陵衛士の残党に狙撃された後に、江戸に逃げた際に撮られたと言われています。外科医にこの写真を見せると、この人方に怪我してるね?というとか?

さて、そんな近藤さんのこの写真の年齢判定は・・・・





fc2blog_2015021410422210b.jpg



あらま!ほぼドンピシャの年齢ですよ!確か、近藤さんが儚くも板橋で命を落としたのは、御年34歳でした。こんなにぴったり当たることもあるのですね!フシギ~~!




さてそれでは、最後のお方イッてみましょう!最後のバッターは!もちろん!私が愛してやまない・・・・・


土方歳三氏にございます!!!!!


fc2blog_2015021111563028c.jpg



うーん!色男すぎる・・・!なんか涙が出てきた!本当に、この人はいつの時代も女性にモテること!もう運命としか思えないモテぶりです!!!! さて、そんな幕末の色男、歳三さんの年齢判定はいかに・・・・!?



fc2blog_201502111156197db.jpg




えっ・・・!これホントに??マジ・・?彼が函館で散華したのは、確か35歳の時のはず・・・・!?

肉眼だとかなり若々しい色男にしか見えないのですが・・・・!?

まぁ 判定がいつも正確とは限りませんが、判定がかなり上に出ました。


もう一枚、彼の写真を試してみましょう。



fc2blog_20150211115554d08.jpg

こちらも、実際の年齢よりかなり上に判定が出ました!

やっぱり、箱館では常に死と隣り合わせだった歳三さん。
いくら連戦無敗だったとはいえ、この写真を撮った時点で、命の覚悟はあったのでしょう・・・・・ 

そうなると、写真の全体の詳細も、また違ったものになるのかもしれません。

きっと彼にとってこの写真は、彼が命を賭けた戦いと、彼の生き様を後世に伝えるための遺書のような意味も合ったのかもしれません。そう思うと、なんだか涙が出ます。

また、このアプリの判定が、すべて正確なわけでなく、あくまでも遊びの為に近いものですが、なんとなくこのアプリはその人の素顔の背後に存在した、人生の苦悩をを映し出しているような気がします。

ちょっと大げさですね ハイ 湿っぽくなり、スイマセン \(^o^)/



ところで、他にも高杉晋作氏や山岡鉄舟氏の写真を試してみたのですが、上手く行きませんでした。
特に高杉晋作氏の写真は、絵のような修正をかけてあるものもあり、どうやらこのアプリでは絵などで書かれた人物は、判定ができない模様でした。

あの沖田総司の有名な、◯細工な絵姿も試してみたのですが、ダメでした 汗

fc2blog_20150214104150580.jpg
そう、こんなかんじでタイムアウトになっちゃうんです。

まぁ、あくまでもiPhoneのアプリレベルなので、仕方が無いわけですが、人形や動物の写真でも判定不可能!とでるので、人の顔はしっかりと認識しているようです。

また面白いのは、和装の人や、ちょんまげを結った人ほど、判定に時間がかかるんですよ。おそらく、このアプリを作った人はメリケン人ですので、洋装の人をデータを取ってこのソフトウエア作ってあるからだと思います。

そういえば、このアプリ IOSをアップデートしたら、途端に使えなくなりました・・・・・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン 

そんなものよね・・・・小さな会社のアプリなんて!


みなさんも、スマホに幕末の偉人を応用できる面白いアプリはありませんか・・・・!?
あったら是非とも遊んでみてください!そして、そのアプリを教えてね!\(^o^)/


最後まで、こんなつまんない記事呼んでくれてありがとう!感謝感激!

↓このボタンを押すと、幕末の偉人が飛び出します!そんなわきゃあない!

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村


テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Link
当ブログはリンクフリー! ブログランキング参加ちう♪ ポチしてけろぉ にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村
Profile

琴乃 

Author:琴乃 

     
RSSリンクの表示
Display RSS link.
Search form
Friend request form

Want to be friends with this user.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。