スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史はめぐる もう今年ももう少しで終わるから吐いておこう 

あー日本はクリスマスイブみたいですね。私は海外なので、今準備の真っ最中

でも、日本と違いこちらは主にクリスマスの当日がメインなので、イブはそんなにって感じだけけど。

でもねー!こちらはクリスマスの本場のせいもあってか、家族どうして交換するプレゼントの数が半端無いんですよ!
子供には最低10個位のプレゼントを上げるんです。金額関係なしに!

もういろんなもの包みすぎて、クリスマスの包装紙見たくない!というわけで気分転換にこの文をかいております。

所で、今回の歴史はめぐると言うタイトルですが、先日たまたま歴史研究家のあさくらゆう様のサイトにて見つけた記事から思わぬ私の人間関係にたどり着いて、ああああ あり得る!あの一派なら!という所に巡り巡ってしまったのです。

発端はこちらの記事 会津藩糞尿降伏事件(PCから見ると文字化けの可能性があります。)

ロンブーのあの方・・・・私は直接お会いしたことも無いのですが、その取り巻きのような方を知っています。
(以降の文は人によっては不愉快に感じる方も居るかもしれませんので追記にさせていただきます。)
それが本当かどうかは知りませんが、本人は少なくともそれを自慢していました。その方は女性なのですが、かなり昔から私と彼女は仕事の関係で一緒になったことがあり、私と彼女は顔見知りでは有ります。

でもねー!この方、淳さん同様といって良いのか、吐き気を催すような事を平然とやったり発言したりする人なのですよね。

例えば一つ彼女が発言したことで鮮明に覚えて居ることは、彼女はその発言を覚えているのかどうか知りませんが、天◯には(日本の象徴のあの方。)セックスの処理をする専用の女性が居る。彼らはふつうの風俗にはいけないから金と力に物を言わせてそう言う女性を囲い込み、一生外に出さない などなど。

よく言えるよな。我が国の象徴の人に!例えうわさ話でも、彼女の下世話で人を非人間化する発言にはいつも辟易していました。しかもなぜか何時もそういうことを言う彼女は偉そうだった・・・・。

しかし、彼女は淳さん同様に非常に要領の良いタイプで、しかも派閥を作るのが上手いイヤーな方でした。そして悪質なことに、ああいったタイプの人達は嫌な人間同士で集まり、自らの嫌な行動を正当化していくのです。

一昔前の悪い日本人の性質を満載しすぎています。そして自分たちより弱い人間や気に入らない人間を嫌な人間で取り囲んで、悪い行動を正当化していわばイジメのような行動を取って追い込もうとするんですよね。


私もなんどもそのイヤーな派閥に引きずり込まれそうになりましたが、何時も冷たくお断りしていました。
今でも私と繋がろうとしてくるけど、もう無視!!!

でも、その派閥にはそれなりに社会で成功した人もおり、そして中にはやっぱりというか、欲深くビジネスを広げて年末年始の全国ニュースの話題になってしまった人もいます。


ようするに、有象無象の人間たちなのに、自意識とプライド、そして成功欲だけは強いのに肝心の能力は変な人間関係構築のスキルだけという・・・・・・

そんなタイプの方たちなのでその中のひとりとも言える淳さんが、いくらプロデューサーの支持とはいえ史実をねじ曲げて、しかも非常に不快な形で会津藩の人の心を踏みにじってしまったのは、あの人達に関連のある方なら私には非常に合点が行きます。

恐らく彼らの感覚では、自分たちの派閥はクールでカッコイイから、何を言っても俺たちが最終的には正しくなるという感じなのでしょう。しかし、それがいつまでも通用するわけでは無いでしょう。もういい加減イイお歳なのですから。

幕末の歴史ファンであれば既にご存知のことでしょうが、会津戦争では藩に忠誠を誓い命を惜しまず戦った人が大勢の人達がそこには居ました。そして数多くの会津の人達が亡くなり、そこには満足な供養さえしてもらえなかった会津藩士達が大勢いました

それを、よりによって会津藩は糞尿で降伏したなどという、捏造話を全国放送で面白おかしく言ってしまう・・・・・・・・。

あんまりです。でもあの一派ならありえるでしょう。


所で、先日こんな話を私は友人と話をしました。彼はとある御陵の警備に当たっているそうなのですが、かれによれば時折そこに祀られているやんごとなきお方の霊が、馬に乗って現れるという目撃談があるというのです。

でも、わたしの友人は一度もそのような体験がありません。彼の前にはやんごとなきお方の霊は現れません。何故か。

それは彼が心からその御方に敬意と尊敬の念を向けているからだそうです。

しかし警備をする人の全てが、必ずしも御陵に祀られたお方を尊敬しているとは限りません。

そしてあからさまに敬意を払わない人のところには、必ずといってもほどその方は馬に乗って現れるそうです。

ロンブーの淳さんは、はからずも長州のご出身だそうですね。もしかしたら、そのせいも合ってか会津戦争で命を落とした方たちに敬意を払わないのでしょうか。

もしかすると、そのうち会津藩士の御霊が目の前に現れてきたりして・・・・!?

というわけで、わたしの取り留めもない愚痴のようなお話しに最後までお付き合い頂き、まっことにありがとうございます!
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: こんばんは♪

いつもご訪問ありがとうございます。

なんだかすいません!愚痴のようなことを思わず書いてしまって。大丈夫です!
彼らの側にはひきこまれませぬ!
本当に、様々な意見はあるかもしれませんが、下品な表現であの方の憶測めいたうわさ話をされるのは、本当に辟易しますよね。あのお方は日本の象徴なのに。やはりたかがうわさ話でも、お里と人間性がでてしまうのでしょう。残念です。

私の大変に拙い文章と記事をお褒めいただき、本当に痛み入ります。私も来年は貴方様のように美しく内容のあるブログ記事を上げていきたいと思っています。(でも多分、面白い方にころんでしまうのだとおもいます。)

コメントありがとうございます!来年もよろしくお願い申し上げます
Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Link
当ブログはリンクフリー! ブログランキング参加ちう♪ ポチしてけろぉ にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村
Profile

琴乃 

Author:琴乃 

     
RSSリンクの表示
Display RSS link.
Search form
Friend request form

Want to be friends with this user.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。