スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年!桑港はサンフランシスコの咸臨丸の石碑 その弐!

やって来た美術館の前庭を戻って左手の方向をみると・・・・!

ありました!駐車場の見晴らしの良い一角に!ありました!
*注 この記事をはじめに上げた時は、てっきりこの場所はリージョンオブオナーの一角かと思っていましたが、ここはリンカーン・パークという加州の公園の一部に当たるようです。まぁ目印はリージョナルオブオーナーの美術館てことで

咸臨丸 アイフォン

駐車場の後手で少々隠れては居ますが、サンフランシスコの湾を綺麗に後ろに見渡せる一角に、ありました!

感激 感動 感涙!

きっとあの湾を咸臨丸は遠路はるばる荒波をかき分けてやってきたのですね・・・・・!
(何れの写真も、クリックするとより大きく見えます。そのまま適切なサイズにする方法がわからなかった ・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン)

DSC00748.jpg


咸臨丸の石碑の後ろは正に絶景かな!この日は天気が良かったので、綺麗にゴールデンゲートブリッジが見えます!


DSC00732.jpg

所で、咸臨丸がこのサンフランシスコにやって来た理由には、米修好通商条約の条約批准書を交換をする使節団の随行艦だったそうで、実はメインではなくてサブキャラ扱いだったようです。

それでも押しの強い勝海舟先生は我こそは艦長に!と自薦して咸臨丸の艦長になったはいいものの、その時の航路は荒れに荒れまくり、並大抵の航海では無かったようです。そしてそんな荒れた天候の下の航海により、流感に掛かる人が続出して船員二名が亡くなったことは、歴史ファンの方なら既にご存知のエピソードでございましょう。

そして勝海舟自身も流感にかかり、結局は艦長としての役割をろくに果たさずに桑港まで命からがら辿り着いたとか。

航海中の肝心の船の操舵などの重要な部分は、米国海軍きっての軍人であるブルック大尉が行ない、彼がこの船の本当の艦長であったということは周知の事実かもしれませんね。

(ご、ごめんなさい勝海舟ファンの御仁!夢を壊したでしょうか?)

それでもこれだけのサイズの船が、はるばる日本からやって来たということは偉大な功績であり、歴史的な出来事であったことには間違いありません。だかころ、咸臨丸が荒波を超える勇姿は切手にまでなったのでしょう。

ブルック大尉の航海日記
咸臨丸こぼれ話
咸臨丸の歴史

いやぁそれにしても・・・・この航海で勝海舟と1万円札でお馴染みの福沢諭吉の間に後年溝が出来てしまった理由が何となくわかる気もします。すんげぇ危険で大冒険な航海です。

所でこの非常に危険な航海の乗組員の中には、幕府の命令で有無も言えずに乗り込んだ乗組員がいます。この人達は苗字も持たない立場の人達であり、ましてや幕府の命に背くことなども出来なかったことでしょう。

そんな彼らが遠い異国で亡くなりその地に埋葬されることになるとは、なんとも言えない心持ちになります。

今でも "KanrinMaru" とウェブサーチしてみれば、カナリの英字の史実がはじき出されてきます

石碑の正面も見てみました

DSC00741.jpg

当然のことながらかなり立派な作りになっています 裏面はどうでしょうか?


DSC00738.jpg

石碑の裏には当然のことながらこの石碑が建立された理由が書かれていますね。
この石碑は1960年に大阪市によって建てられたとは、知りませんでした!確かに桑港を含めて西海岸には大阪を含めた関西圏の人が多い気はします。

さすが大阪人のバイタリティー!

同じく石碑の隅には ”東京青山 石勝”と入っていますが、おそらくこれはこの石碑を製作した石材店の名前だと推測しています。

DSC00743.jpg

石碑の前方にも、この裏面に表示されているものと同じ文面が石盤に書かれています。


うーん!色々と感慨深いものがあります!

この咸臨丸の石碑が位置するリージョンオブオナーの一角は、写真で見てわかるように駐車場が目の前にあります。
そして美術館をちょっと見あげる地形にあるのですが、やはり背後の景色はすばらしい!

一日中時間をすごせる史跡ではありませんが、 日本人にとっては感慨深い史跡のひとつであることには間違いが無いことでしょう! 次は福沢諭吉氏の史跡にでもいきましょうかねぇ・・・・・!?

というわけで、予定は未定ということで!


押してくれると、また写真撮ってきちゃうよ!

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村



えっと実は・・・この咸臨丸の史跡を回った際にちょっとしたことを感じました

でもイメージを壊したくないので、どうしてもお知りになりたいという方は、メールでもくださいませ!
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Link
当ブログはリンクフリー! ブログランキング参加ちう♪ ポチしてけろぉ にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村
Profile

琴乃 

Author:琴乃 

     
RSSリンクの表示
Display RSS link.
Search form
Friend request form

Want to be friends with this user.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。