スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桑港で発見された、明治時代と中国は清時代の貴重な骨董コインのミステリー

あーねむいーーーー!全然仕事もはかどらずに、今さっき寝ようと思って、ぼーっと地元のテレビニュースを見ていたら、面白いニュースをやっていて、目が少し覚めました。

以前私がツイッターで、サンフランシスコの丘の上から日本の明治時代の10銭銅貨が見つかったという情報をつぶやきましたが、今回のニュースというのは、もっとミステリー度も見つかったコインの価値も高い模様。

Redwood City PD search for owner of rare Asian coins found in stolen car


上のリンクのニュースは地元のABC7の夜のニュースで報じられたものです。
このニュースによると、桑港市内から車で30分ほど行った場所にある、レッドウッドシティで発見された盗難車の中に、19世紀の清の時代に発行されたドラゴンコインと呼ばれる銀貨と、日本の明治3年に発行された一円銀貨が見つかったそうです。

ニュースによると、いずれの銀貨も希少価値が大変に高く、中国の清国のものは、現在骨董市場で300ドル、日本の明治の一円銀貨は、700ドルくらいで取引されているとか。

明治時代て言ったら、モロに幕末と明治維新が交錯している年代ですよね!それもなんだか私にはとっても魅力的です!

それにしても、このコインが見つかった盗難車を盗んだ犯人は御用となったものの、このコインもこの犯人が盗難に入った場所で盗んだものらしく、当の盗んだコソ泥は、どこで盗んできたのか覚えていないという顛末らしいのです。 

て、おいおい!!アメリカらしいっちゃあ、らしくてそれまでだけど!
話によるとこのコソ泥さんは、サンフランシスコ市内を主に、そうとう長い間盗みを働いていたみたいです。だからどこで何を盗んだのかなんて、覚えていないというオチらしいです。

というわけで、レッドウッドシティのポリスデパートメントでは、この盗難に遭ったコインを元の持ち主に戻すために、テレビニュースやインターネットで呼びかけて、どうにかしようとしているわけらしいです。

↓これがこちらのコインです 
DSC00785-001.jpg
あの画像シェアサイト、Pinterestでも写真は閲覧可能です 
他の盗難品や遺失物なんかもレッドウッドシティのポリスデパートメントのプリンタレスとページで見れるという ハイ

この私の投稿をご覧になっている皆さん!?見覚えないですか?おじいちゃんや、おばあちゃんのコインではありませんか?よーく穴が空くほど見てみてください!それで、もし見覚えのある方は、ぜひとも私に連絡を!

ちなみに、レッドウッドシティのポリスデパートメントに直接電話してもオッケーですよ!

早く持ち主が見つかるといいですね・・・・・!? 地元の街角のインタビューでは、これだけ古いコインなら、もう持ち主は生きてはいないかもしれない!というドライな意見もありましたが。

そうなると、ますます歴史のロマンが広がりますよね?誰だろう!?持ち主!??


ところで、このニュースを報じたABC7ですが、あのディズニーが親会社です。遊園地が親会社なんて・・・!
すごくね???

↓ボタンを押すと、銀貨と財宝の在処が・・・・・!?みつかるとイイね!

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは♪

ミステリーですね。
驚きです。

コインを見ると、年代モノだ・・・と。
日本の方は、「大日本 明治3年」としっかり刻んでありますね。

早く持ち主が見つかると良いですね!!PP!

Re: こんにちは♪

梅さくら様

そうそう、この銀貨は私が投稿に書いたとおり、丁度幕末と明治維新が交錯するころに発行されたコインですよね

いったい持ち主は誰なのでしょうか・・・・・こういうのは 想像するとワクワクしますね!

コイン

まだ持ち主が見つからないのでしょうか?

コレって、盗まれた方もその価値に気付いてないんじゃないで
しょうか?
たぶん、元の持ち主は「お爺ちゃんの形見分け」でもらったもの
の、「オレ、興味ねーし」みたいな感じで。
外国のコインなんて、収集家じゃないと価値なんてわかりま
せんものね。

でも、このコインがどんな経路で海を渡ってきたのかを考える
と、ホント、ワクワクしますね!

Re: コイン

イッセー様

お忙しい中、私の稚拙なブログにコメントいただき、大変にありがとうございます。

そうですね、例の幕末のコインは二つともまだ持ち主が見つかってはいないようです。
そしてイッセー様にご指摘いただいたとおり、もしかすると盗まれた側も気づいていないかもしれませんよね。

ニュースでは、この二つのコインはともに希少価値が高く、現在高値で取引されていることには言及していますが、そもそも持ち主の人がこのニュース見てないかもしれないし!

それにアメリカ人でも骨董好きな人はいますが、イッセー様がおっしゃるとおりコインとかの骨董分野はかなりニッチですもんね。盗まれたこと自体忘れちゃってる人もいるかもしれません!

いやぁ、でも本当にどういった経緯でこのコインは桑港にたどり着いたのでしょうか。

歴史ロマンだ!

紹介

日本語の起源

言霊百神

kototama 100 deities

紹介

Re: 紹介

\(^o^)/
Latest journals
Latest comments
Monthly archive
Category
Link
当ブログはリンクフリー! ブログランキング参加ちう♪ ポチしてけろぉ にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村
Profile

琴乃 

Author:琴乃 

     
RSSリンクの表示
Display RSS link.
Search form
Friend request form

Want to be friends with this user.

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。